健康と腸内フローラ

腸内フローラとは?

腸内フローラとは

1人1人様相が異なる腸内フローラ

私たちの腸内にはたくさんの細菌がすみついています。これら腸内にすんでいる細菌は、腸内細菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。

特に回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、これら多種多様な腸内細菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。

この様相は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子ともたとえられ、「腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。(お花畑= flora[英])

「腸内フローラ」の様相、つまり腸内に生息している細菌の種類は、人がそれぞれ顔や個性が異なるように、その人その人でまったく違うものです。また、「腸内フローラ」の状態は生活習慣や年齢、ストレスなどによっても変化します。

腸内フローラを覗いてみると・・・
一般に腸内細菌は、その働きから3つに大きく分類されています。

①善玉菌

ヒトの体に有用な働きをする菌 
 

②悪玉菌

腸内の中を腐らせたり有毒物質を作る菌
 

③日和見(ひよりみ)菌

善玉とも悪玉ともいえない菌で、その時の優勢な方に味方して作用する菌
 

 

健康な人の腸内では、善玉菌が悪玉菌を抑える形で、「腸内フローラ」が一定のバランスが維持されていますが、逆に、何らかの原因で悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内腐敗が進んでアンモニア、フェノール、インドールなど人の健康に有害な物質が増えます。これらの有害物質がくさいオナラの原因になったり、もっとひどいことには、有害物質が腸管から吸収されてしまい、やがて肝臓、心臓、腎臓などにも負担を与え、老化を促進させたり、癌をはじめとするさまざまな生活習慣病の原因になることもあります。

「腸内フローラ」の理想的な状態は・・・

善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割

といわれます。「腸内フローラ」は常にこのバランスであることが望ましい、、、それは健康を望む人すべての願いですが、このバランスは、年齢や食生活、ストレスの状態などの影響により変化してきます。しかし、生活習慣や、ストレス、食生活等をすぐに改善するのも難しいのが実際のところでもあり、昨今では腸内環境を良好に保つために発酵食品がブームになったり、乳酸菌強化食品やサプリメント等も多く利用されています。

腸内細菌の種類

まず、ここでは、腸内フローラを構成する腸内細菌を大きく3つに分けて説明しておきましょう。

 

種類はたらき代表的な細菌
善玉菌
(有用菌)
悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促したり、ヒトの体に有用な働きをする菌
  • ビフィズス菌
  • 乳酸桿菌
  • フェーカリス菌
  • アシドフィルス菌
悪玉菌
(腐敗菌)
腸内の中を腐らせたり有毒物質を作る菌
  • クロストリジウム
    (ウェルシュ菌など)
  • ブドウ球菌
  • ベーヨネラ
日和見菌善玉とも悪玉ともいえず、体調が崩れたとき悪玉菌として働く菌
  • 大腸菌
  • バクテロイデス

 

腸内フローラの3つの特徴

腸内フローラはヒトそれぞれ違います
人相・手相が異なるように、腸内フローラも、ヒトそれぞれです。善玉/悪玉/日和見菌の比率は、健康ならば、ある程度一定で、悪玉菌より善玉菌優勢で保たれています。これを菌叢バランスと呼びます。

腸内はいつも陣取り合戦
棲み心地のよい腸内スペースでは、善玉菌と悪玉菌がいつも激しい生存競争を繰り広げています。一方が増殖すれば、もう一方が抑えられるというように全体の数は定まっており、いつも腸内は陣取り合戦をしている状態といえます。様々な原因で菌叢バランスが崩れ悪玉菌優勢になると、腸内環境が悪化して体調が崩れてしまいます。

ヒトと腸内細菌は、ギブ&テイクの共生関係にあります。
つまり、ヒトは腸内細菌に対して食と住を与え、腸内細菌はそれに対して様々な代謝物を作り出します。一般に、善玉菌は炭水化物などの糖を吸収して、乳酸・酪酸などの有機酸をつくりだし、これにより腸内を酸性にし悪玉菌の増殖を抑制します。また外敵菌の侵入を抑えたり、悪玉菌のつくりだす腐敗物質を分解・腸の蠕動(ぜんどう)運動(うんどう)を盛んにする・ビタミンB群など様々な物質をつくりだす等、ヒトの健康維持に貢献してくれます。

腸内フローラの変化

赤ちゃんのとき

ヒトは母体にいるときは無菌状態ですが……

・出産と同時に、またたく間に大腸菌などが入り込む
・生後3~4日くらいで、母乳により善玉菌の代表:ビフィズス菌に覆われる
・離乳食の頃には、食べ物による様々な菌も入りそのヒト固有の腸内フローラがほぼ決まる

 

赤ちゃん,善玉菌,変化

年齢を重ねていくと

ヒトは徐々に悪玉菌との関わりが深くなり、やがて……

・悪玉菌の代表であるウェルシュ菌などが増加する
・老年期にはビフィズス菌が減少してしまう

老化,腸内細菌,変化

また、若い年齢層であっても、菌叢バランスを崩す生活をしていると、老年期を待たずに様々な支障を招く恐れがあります。

よって、何歳であっても、腸内フローラを悪玉菌優勢にするのは好ましくありません。

腸内細菌は大切なパートナー -食べ物と腸内細菌-

腸内フローラはとってもデリケートです。加齢以外に抗生物質など薬物の乱用、精神的なストレス、運動不足、そして人が毎日摂る食事内容などに大きく影響を受けるのです。では、私たちの食事と腸内細菌の関係はどのようになっているのでしょうか?

腸内フローラの研究の進化

腸内フローラの研究は1681年オランダのレーウェンフックが顕微鏡で糞便中の菌を観察したことに始まります。その後1800年代以降、多くの研究者により腸内フローラを形成する重要な菌種が発見されていますが、腸内フローラの系統だった研究はなされていませんでした。


そこに、腸内フローラの系統的研究により「腸内細菌学」という新しい学問を世界に先駆けて樹立したパイオニア的研究者が、日本人の光岡知足・東大名誉教授です。光岡氏は1970年代以降、腸内フローラと宿主とのかかわりを提唱し、腸内環境のバランスが人の健康・病態を左右するとしました。


現在、世界各国で腸内フローラの研究が行われていますが、その中のアメリカ、ワシントン大学のジェフリー・ゴードン博士は、科学雑誌「ネイチャー」の2006年12月21日号において腸内フローラが宿主の肥満に関係していることを発表しています。


腸内細菌学の研究は、戦後に始まり、未だ途上ですが、がんや糖尿病、うつ病などの医療の分野から、お肌のコンディションなどの美容の分野まで、人々の生活に深くかかわってゆく分野として、今後ますます研究が進められています。